中小企業診断士に強い転職エージェントランキング

中小企業診断士の魅力

中小企業診断士を取得する人は今でも多く人気の資格です。資格を有していれば企業の業績をあげることに貢献できることはもちろん、収入アップや高待遇にも繋がります。また独立も視野に入れられることも大きな魅力でしょう。

中小企業診断士を必要としている企業はどんどん増えていますので、転職は今がチャンスです。リクルートエージェントには多数の中小企業診断士求人が集まっていますので是非一度ご登録をおすすめします!

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
日本国内で広く人材マッチングサービスを提供している実績があり、リクルートグループというブランドも兼ね備えた転職エージェントが、リクルートエージェントです。経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍していることで知られており、中小企業診断士の資格を利用して転職活動を有利に進めるためのノウハウも豊富に備えています。特に、大手企業を中心とした条件の良い求人案件も豊富に取り扱っているなど、力強くサポートしてもらえます。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
一人のユーザーあたりのキャリアアドバイザーの人数が多く、手厚い転職サポートサービスを受けることが期待できるのが、マイナビエージェントです。各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているので、業界ごとにその時点でのトレンドをもとに、効率的に転職活動を行うことができることで人気です。中小企業診断士の資格を持ったユーザーに対しては、希望している業界にスムーズに転職できるように全面的にバックアップをしてくれます。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ユーザーの属性を年収1,000万円以上に設定し、提供する求人案件については年収750万円以上のものに限定しているのが、ビズリーチです。ハイクラスの求人案件を取り扱うことが大きな特徴で、中小企業診断士の資格を持ったユーザーについては、大企業を中心とした求人案件を提供しています。毎月利用料を支払うサービスで、ほかの転職エージェントとは異なりますが、40代以上の社会人からの人気の高いユニークな転職エージェントです。


中小企業診断士の資格が役立つ求人は?

弁理士という仕事について、あまり聞いたことがないというひとが多いかもしれません。わかりやすく説明すると、特許や意匠、トレードマークなどの商標について、特許庁に権利を代理で申請する仕事です。こう言うと、とてもシンプルな業務内容に聞こえますが、新しい技術などの特許については申請する技術についてきちんと理解をしていることはもちろんのこと、その技術が従来のものと比べて本当に革新的なものなのかを詳細に説明できるだけのスキルが必要とされてきます。特許庁に申請する書類である特許明細書を適切に、説得力を持って作成できること、これは新人の弁理士にとってはなかなか難しいことでもあるのです。

もちろん、弁理士の仕事はこれだけではありません。特許を取った知的財産について、その知的財産権を活用して紛争解決などを行っていくこと、これも大切な仕事です。具体的には、ある新しい技術の特許を取り、その技術がほかの競合会社によって模倣されていないか、海外の企業によってコピーされていないかについてきちんとモニタリングを行い、もし模倣の疑いがあるようであれば、該当する技術の特許権の取り消し申請を行うなど、侵害訴訟を取り仕切っていくことになります。

さらに、最近では日本政府も国として、知的財産権を活用して日本の経済活性化を計る、プロパテント政策を推進していることもあって、弁理士が新製品の開発戦略の中心的な立場で活躍できるようになってきました。新しい技術を取り入れて商品開発を行うにあたって、具体的にどのように新技術を盛り込むことで特許を確実に取ることができるのか、そこまで考えたうえで戦略的に商品開発を行っていくのです。そうすれば、その新しい技術を日本国内だけにとどまらず、広く海外のマーケットで販売していくことができます。このようにして、これまでにない知的財産権による経済活動を行えるようになるのです。

このように、弁理士という資格を持っていることで、今後のグローバル社会においてはますます需要が高まっていくことが予測されます。これまでは特許申請の代理人という事務的な面で評価されてきた弁理士ですが、今後は日本のグローバル化を担うとても重要な役割として、見直されていくのです。この社会的な動きはますます拡大していく傾向にありますので、弁理士の必要とされる場所、活躍できるフィールドはどんどん広がっていくと考えておいていいでしょう。

中小企業診断士の転職成功のポイントは?

中小企業診断士の資格を活用した転職成功のポイントとしては、いくつかあります。それらをすべてクリアしていれば、それだけ転職活動を有利に進めることができるようになりますので、自分のことを客観的に振り返りながら、チェックしてみてください。

まず、中小企業診断士の資格を取得して以降、実務補習や実務従事をのぞいて実際に業務を行ったことがある場合、どのような業態の企業で、どのような部門において、具体的にどういった仕事を担当したのかを明確化しておくことが大切です。その際、企業の業務改善あるいは経営改善の観点で、自分の業務がどのように役立ったのかを最大限アピールできるように、コメントをまとめておくようにしましょう。もし中小企業診断士としての実務経験がまったくない場合でも、自分がどの分野で積極的に貢献することができるのかを明確にしておくことが大切です。

なお、コンサルティング会社に転職活動をする場合には、中小企業診断士としての実務経験の有無が評価のポイントとして利用されるケースが少なくありません。転職活動を行うライバルは、コンサルタントとして仕事をするために有益な資格をさまざま取得しているツワモノ揃いです。まったく業務経験がないとなると、転職活動で苦戦を強いられることがあるかもしれませんが、あなたがまだ20代か30代前半であれば、ポテンシャル採用を積極的に行っている企業をピンポイントで狙うといいでしょう。

また、逆説的に聞こえるかもしれませんが、中小企業診断士の資格ばかりをアピールするのではなく、これまで自分がどのような仕事をなし得てきたのかについて、冷静で客観的な評価をしておくことも欠かせません。この資格を持っていることによって、直接的に自分が受け持つ業務だけにとどまらず、より経営的な側面で業務を分析することができるようになります。そのため、資格を取得していることは強力なアピールポイントになりますが、もちろんそれだけでは十分ではありません。

社会人として、あなたがどのようなスキルや実績、キャリアを積み上げてきたのか、審査官はこのことをもっとも重要視しています。そのためには、これまでのキャリアから判断して、転職希望先が整合性を持っていると判断できること、そして中小企業診断士の資格を取得していることによって、より総合的で包括的なパフォーマンスを行うことができること、これらをアピールできるように準備しておきましょう。


Copyright (C) 2015-2018 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.