中小企業診断士の転職と年齢制限

中小企業診断士の転職TOP >> 中小企業診断士の転職の基礎 >> 中小企業診断士の転職と年齢制限

中小企業診断士の転職と年齢制限

中小企業診断士として転職活動を行う際の年齢制限がどのくらいか知っておきたいというひとは少なくないでしょう。基本的には、中小企業診断士の資格を活用した転職活動に年齢制限はありません。ただし、資格を取得してどれくらいになるのか、というキャリアは確認されます。20代、30代で転職活動のために初めて中小企業診断士の資格を取得したというケースであれば、転職活動にそれほど影響がおよぶことはありませんが、40代後半から50代で初めてこの資格を取得したという場合には、この資格をメインに転職活動を行うというよりも、これまでのキャリアで獲得してきたスキルをアピールしながら、付加価値として中小企業診断士の資格をアピールするほうが、スマートな印象を与えることができるでしょう。

いずれにしても、中小企業診断士という職種での求人案件はなく、事業企画部や総務部、人事部、営業部、調達部、IT部など、企業にあるいろいろな部門での求人案件に対して、より俯瞰的な観点から業務を分析することのできる資格やスキルを持っている人材として、中小企業診断士を取得していることへのニーズが高まっています。

一方、コンサルティング会社への転職活動の場合、採用する人材の多くがこの資格をはじめとして、ファイナンシャルプランナーの資格を持っているなど、業務に役にたつと思われる各種資格を積極的に取得している傾向にあります。そのため、中小企業診断士資格を取得しているだけでなく、これまでどういった業界、分野で仕事を行ってきたのか、そして業務改善や経営改善にあたってどのような貢献をしてきたのか、具体的な実績にはどのようなものがあるのか、などについて具体的に説明することができるよう、まとめておく必要があります。その際、40代半ば以上になると会社において管理職がターゲットに入る年代でもありますので、マネージャーとしてのキャリアがあるとより有利に進めることができます。

このように、中小企業診断士の資格を取得することと年齢制限には、とくに深い関連性はありません。それよりも、社会人として自分がこれまでに何を成し遂げてきたのか、その実績によって転職先にどのような効果をもたらすことができるのかについて、それぞれの年代になりに期待されるレベルをクリアしていることのほうが、より重要です。その際、中小企業診断士という資格は、あなたのキャリアを力強く補強してくれるものとなるでしょう。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.