中小企業診断士の資格の難易度

中小企業診断士の転職TOP >> 中小企業診断士の転職の基礎 >> 中小企業診断士の資格の難易度

中小企業診断士の資格の難易度

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に関して診断やアドバイスを行う専門家になります。中小企業診断士は国家資格の一つであり、経済産業省大臣が認定するのです。中小企業診断士になるためには国家資格に合格する必要がありますが、気になるのがその難易度ではないでしょうか。あまりにも難易度が高すぎてしまうと、最初から勉強する気持ちが起こりにくくなってしまうことがあります。中小企業診断士の資格は1次試験と2次試験があるのですが、両方とも平均して10%から20%になっています。1次試験も2次試験両方合格する必要がありますので、ストレート合格する割合は約4%とかなり低くなってしまうのです。そのため中小企業診断士は難易度の高い国家資格の一つだと言えるでしょう。

ストレート合格が難しいため、多くの方が数年かけて合格を目指すのですが、一次試験には科目合格制度が採用されています。よって1年で全ての科目に合格する必要はなく、数年体で科目合格をすればよいので、それほど難解な試験ではないのです。ちなみに中小企業診断士の1次試験は7科目あります。働きながらの合格を目指している方でも無理のないスケージュールで勉強をすすめやすいと考えられます。1次試験に関しては一科目当たり60点以上を取得することが合格ラインなのですが、その後二年間はその科目が免除されますので、その間に他の科目合格を目指すといいでしょう。また中小企業診断士の1次試験ですが、各科目の合格点が60点と他の資格試験と比べてハードルが低く抑えられている点も重要になってきます。しかもきちんと勉強をすれば合格できない試験ではありませんので、資格取得できる可能性は高いと考えられます。中小企業診断士は社会人経験者の受験者が大多数を占めていますが、近ごろは学生の受験者も増加傾向にあります。

中小企業診断士の資格を取得するためにはどのくらいの勉強量が必要なのでしょうか。大まかな目安としては1500時間ほど勉強すれば、合格するための必要知識が身に付くと考えられています。もちろんそれ以下の勉強時間でも合格する方もいますし、それ以上の時間を勉強に費やす方もいます。目安となる1500時間の勉強時間を確保するためには、1日あたり約3時間ほどの勉強時間を確保するのが望ましいでしょう。もう少し勉強時間を確保できるようであれば、それだけ合格までに勉強する期間を短くすることができると考えられます。しっかりと計画を立てて勉強すれば、合格するチャンスは十分あります。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.