中小企業診断士の今後・将来性

中小企業診断士の転職TOP >> 中小企業診断士の転職の基礎 >> 中小企業診断士の今後・将来性

中小企業診断士の今後・将来性

資格を取得しようとかんがえたときに、その将来性を少なからず気にするでしょう。せっかく頑張って勉強して資格を取得したのに、それで仕事が得られない、仕事が続けられないようでは困るからです。経営コンサルタントとしての唯一の国家資格である中小企業診断士ですが、転職にも有利に働きますし、独立開業もできる資格です。ただし難易度が高いためそれ相当の勉強が必要になります。中小企業診断士の資格は将来的にも安定しているのでしょうか。

日本の企業の約9割以上が中小企業になりますので、中小企業診断士が活躍できる場所はまだまだあると考えられますので、将来性はあると言えるでしょう。長引く不況によって経営が困難な企業も少なくありませんので、中小企業診断士の力が求められているのです。今後も世界経済が大幅に上向きに向かうとは考えられにくいので、中小企業診断士が求められる場面は多々出てくると考えられます。さらには企業の問題も複雑化しており、その解決を社内で行うのではなく、専門機関へ依頼するケースも増えてきていますので、中小企業診断士の需要は増えていくと考えられます。

中小企業診断士は独立開業でも可能な資格なのですが、実際に開業している方は有資格者の全体の2割程度と決して多い数ではありません。独立開業が可能であるのに独立開業者が少ない理由として考えられるのが、中小企業診断士の独占業務が実質ないからです。税理士やその他の資格に関してはその有資格者しか行えない独占業務があるため、独立開業しても何とかやっていくことができるのです。一方で中小企業診断士は独立業務がありませんので、開業してから安定して仕事を得ることが難しいと考えるのです。そのため多くの中小企業診断士の有資格者は一般企業に勤務しています。中小企業診断士の資格を持っていると、企業で重要なポストを任せられている方が多く見られます。会社内でスキルアップや昇進のために中小企業診断士の資格を取得される方も少なくありません。

中小企業診断士は他の資格と併せて取得される方も多いのです。資格にもいろいろな種類がありますが、IT系の資格、簿記、社会保険労務士、行政書士などと併せて資格を取得することによって、仕事の幅を広げることが可能になります。全体的に有資格者の数が増えており、1つの資格だけ取得しても仕事を取ることが難しい時代ですので、ダブル、トリプルで資格を取得することによって、それが強みになるのです。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.