中小企業診断士になるメリット

中小企業診断士の転職TOP >> 中小企業診断士の転職の基礎 >> 中小企業診断士になるメリット

中小企業診断士になるメリット

中小企業診断士はさまざまな資格の中でも人気資格として上位にランクインしています。これから取得を考えている方もいらっしゃるでしょう。経営コンサルタントとして活躍されている方もいますが、中小企業診断士は経営コンサルタントの唯一の国家資格になります。もちろん中小企業診断士の資格を持っていなくても、経営コンサルタントとして仕事を行うことはできるのですが、資格を持っていることによって顧客からの信頼性がアップします。中小企業診断士の資格を取得するにあたり、経営だけでなく人事やマーケティング、財務会計、物流、店舗管理といった幅広い知識を身に付けることができるのです。

中小企業診断士の資格を取得するメリットの1つが、転職で有利になることです。現在の会社にお勤めしながら資格を取得してそのままその会社に継続して勤務することもできるでしょう。しかし現在の仕事がせっかく取得した中小企業診断士の資格を生かすことが難しい場合は、転職を考えるようになるでしょう。就職や転職で有利に働くのが経営コンサルタント関係の職種になります。中小企業診断士を持っていることで、経営コンサルタントとして必要な知識を身に着けていると、アピールすることができるからです。コンサルタント業務以外の業界でも、資格を持っていることが有利に働くことがあります。中小企業診断士はさまざまな資格の中でも難易度の高い資格になります。しかも取得するにあたり、経済学、財務会計、経営、運営、法務、情報システムといった幅広い知識を学ぶため、あらゆるビジネスの分野でその知識を活用できるのです。また試験自体の難易度が高いこと、勉強量が多いこと、試験科目の量が多いことなどから、資格を取得するために努力した点を評価してくれたりもします。

中小企業診断士は転職に有利に働きますが、特に地方での転職に有利に働きます。中小企業診断士の有資格者は都心部に集中しており、地方に少ない傾向があるからです。大都市よりも地方のほうが中小企業の数が多いため、仕事の数もそれなりに見つかります。しかも地方で中小企業診断士として活躍されている方は間もなく定年を迎える年頃の層が多いため、若手の中小企業診断士は希少価値が高く重宝されるのです。地方在住者こそおまけに地方のほうが安定して仕事を得られる可能性が高いのです。中小企業診断士の数の多い都心部と比べて、公共機関から仕事を依頼される可能性が高いため、独立開業した際でも安定した収入を得やすいのです。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.