中小企業診断士の面接対策・自己PR

中小企業診断士の転職TOP >> 中小企業診断士の転職の基礎 >> 中小企業診断士の面接対策・自己PR

中小企業診断士の面接対策・自己PR

中小企業診断士の資格を活用して転職活動を行うにあたって、自己PRを効果的に行うなどの面接対策をするといいでしょう。中小企業診断士は、中小企業をメインとして経営者に業務改善のためのアドバイスや経営改善にあたってのヒントなどを提供することのできる、最近注目をされている国家資格です。そこで、転職試験の面接においては、中小企業診断士の資格を活用して、自分がどういった分野でこれまでに実績をあげているのかについて、簡潔に説明をすることが大切です。もし資格を取得したてで、アピールすべき実績がない場合は、自分がどの分野について得意としているのか、どういった部門で積極的にサポートすることができるのかを、わかりやすく説明できるようにしておきましょう。

もちろん、それだけでは十分ではありません。中小企業診断士の資格へのニーズの高い業種や部門は多岐に渡りますが、いずれにおいても基本的には付加価値としてのアピールとなります。つまり、メインでアピールすべきなのは、自分がどういった業態、分野において仕事をしていて、具体的にどのような利益の貢献を行ったのか、チームのなかでどのようにコーディネーションを行いながら目的に向かってチームをドライブしていったのかなど、組織人としてのキャリアについてアピールすべきです。

特に、40代以上になってくると、組織のなかにおける1人のプレイヤーだけではなく、マネージャーとしてのポテンシャルも問われることになります。そこで、面接においてはこれまでに参加したプロジェクトにおいて、自分がどのようにして中心的な役割を担ったのかについて、特に重点的に自己PRをするようにこころがけましょう。つまり、中小企業診断士の資格の有無に関係なく、社会人としてのキャリアにおいて、転職先の採用担当者が注目すると思われるポイントに絞って、自分の実績をアピールすることです。

基本的な自己PRがうまくいけば、それを補強する有益な資格として、中小企業診断士というタイトルがとても有利に働くようになります。つまり、この資格は、それ自体でアピールをすべきツールになるのではなく、働き手一人ひとりのパフォーマンスについて、より俯瞰的、統括的、ひいては経営的な観点や素養が備わっているということを保証するものです。個人的キャリアや実績が豊富であればあるほど、この資格を取得しているということが強力なアピールポイントになっていくのです。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.