中小企業診断士に多い副業

中小企業診断士の転職TOP >> 中小企業診断士の転職の基礎 >> 中小企業診断士に多い副業

中小企業診断士に多い副業

難関資格を取得すると、メインの業務以外に副業を行って新たな収入を得ているケースが見られます。中小企業のコンサルティングが主な業務になる中小企業診断士の有資格者も、副業を行っている方もみられます。副業の目的は本業の収入を補うためだけではありません。1つは独立開業をするための準備、2つ目はスキルアップのための目的が主になります。中小企業診断士の資格を持っている方は、資格を取得して中小企業に就職して、そこで経営に携わる仕事を行うことがあります。中小企業診断士として経験を積んでくると、次は独立を考えるようになります。

独立目的で副業を行う場合は、主にこれから独立して行おうとしている事業のニーズを見極めること、顧客を作っておくことの2つの目的が考えられます。これから独立を考えているにあたり、今自分でプランを立てているビジネスが成功するとは限りません。そこで副業にて独立後に実施する予定のビジネスを提供して、市場の反応を見るのです。市場で比較的高い評価が得られた場合は、独立後も成功する可能性が高いと自信が持てるようになります。副業を行うことによって、本業以外の人脈を築くことができるようになります。独立開業した後最も大変になるのが顧客の獲得です。せっかく独立開業をしても顧客を得ることができなければ、経営を安定させることが難しくなります。副業で作った人脈がそのまま独立後も続くと期待できます。

中小企業診断士の副業として多いのが、講演や授業になります。日本の企業の多くが中小企業になりますので、中小企業の経営に関するセミナーの需要も高いのです。現役の中小企業診断士がレクチャーしてくれるのならと、多くの受講者を集めることも可能でしょう。ただし副業でセミナーの講師を行うときは、ある程度中小企業診断士として働いた経験がある方のほうが、依頼を受ける機会が多いのです。実際にセミナー終了後に具体的な経営状況について参加者から質問を受ける機会も多いからです。また中小企業診断士の資格取得を目指す学生に対して、授業を行ったり試験の予想問題や練習問題を作ったりといった、試験取得のサポートも副業として行うことができます。特に試験に合格したばかりの新人は、まだ試験勉強の記憶も新鮮ですから現在勉強を頑張っている学生により近い立場でアドバイスを行うことができるのです。雑誌やネットなどで中小企業診断士の資格を生かして副業として執筆活動を行うことも可能です。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.