中小企業診断士の採用先(働く場所)

中小企業診断士の転職TOP >> 中小企業診断士の転職の基礎 >> 中小企業診断士の採用先(働く場所)

中小企業診断士の採用先(働く場所)

中小企業診断士の資格を活かした採用先は実にさまざまです。業種や職種、部門に特にとらわれることなく、本人の希望ややる気次第で、いろいろな活躍をすることができます。求人案件についても、事務系のものから専門性の高いものまでバラエティに富んでおり、中小企業診断士という資格が企業にとってどれほど重要な位置を占めているのかを知ることができます。

大企業の求人案件を例にとってみると、総務的な仕事から一般事務、事業企画、システム系の部門、調達部門など、中小企業診断士の資格を活用することができるフィールドはさまざまです。それらのすべてにおいて期待されているのは、各部門、分野で人的資源のパフォーマンスを最大化すること、基幹システムなどの情報資源を最大限に活用すること、そして金銭的資源をもっとも効率的に運用することにあります。こういった人、情報、金などの経営資源について、中小企業診断士は俯瞰的な観点から適切なアドバイスを提供することが求められています。

一方、中小規模の企業においても、もちろんこの資格に対するニーズは高く、大企業の求人案件と比べてより経営的な内容のものが多い傾向にあります。つまり、中小企業診断士資格がカバーしている内容は、経営者が組織を運営する際に必要なノウハウと一致しているということであり、マーケティングについてのセンスも必要とされます。数ある国家資格のなかでも、取得することが難しいもののひとつとしても知られていますので、この資格を取得することによって、マネジメントに近いポジションで仕事をすることができるようになります。

ほかにも、コンサルティング会社も中小企業診断士資格を持ったひとに人気の転職先です。コンサルティング会社はさまざまな企業に対して有料サービスとして企業分析と業務改善提案を行うことを業務としています。そのため、中小企業診断士資格の取得者は、コンサルティング会社における主要戦力となりますし、コンサルタントとして自分のスキルを日々磨いていくことが強く求められるフィールドです。プレッシャーがとても高い仕事をすることになりますが、クライアントの業務改善、経営改善を達成できた際の喜びは、ほかのどの仕事にも代えがたいものがあります。

このように、中小企業診断士の資格は自分の希望次第、努力次第でさまざまな活躍ができます。いずれのフィールドもそれぞれにやりがいに満ちたところばかりですので、自分に合ったところを選ぶといいでしょう。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.