年収1000万が目指せる中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職TOP >> 条件別の中小企業診断士の求人 >> 年収1000万が目指せる中小企業診断士の求人

年収1000万が目指せる中小企業診断士の求人

中小企業診断士の資格を活用して年収1000万を達成できる求人案件としては、まずは大手のコンサルティング会社を狙うことをおすすめします。大手の企業であれば福利厚生も整っているところが多く、一般的な相場に比べて年収モデルが高めに設定されています。また、大企業では複数の役職が用意されていますので、役職手当が上乗せされることで、年収をアップできる環境となっています。企業によっては、コンサルティングを行う案件の規模に応じて、インセンティブが支払われるところもありますので、実績を積み上げて大規模案件を担当することができるようになれば、それだけ高収入を狙うことができるようになります。

また、大企業の経営戦略部や事業企画部も、中小企業診断士の資格を活用しながら年収1000万超えを実現できる可能性があります。大企業ならではの高い給与ベースがあるのに加えて、中小企業診断士の資格を持っていることについての手当が支払われるケースがあるためです。多くの企業において勤続年数が年収モデルと相関関係にあるところがいまだ少なくはありませんが、最近では各自の能力やスキルに応じた給与モデルを導入するところが増えており、高いスキルがあればそれに見合うだけの能力給を得ることができます。

年収面でさらに飛躍を遂げたいというのであれば、こういった大規模コンサルティング会社や大企業において確実な実績を積み上げたうえで、独立して起業をするという道もあります。この場合は、数年あるいは10年以上コンサルタントとしてすぐれた実績があることが条件となりますが、年収2000万や3000万を達成しているひとも珍しくありません。ただし、組織の経営者として働くことになりますので、経営的な高いスキルを備えていることが欠かせません。

このように、中小企業診断士の資格を活用して高収入を実現するための方法は、複数あります。どういうルートで高収入を目指すのかは、自分の適正を客観的に分析することでみえてくるでしょう。いずれのルートであっても、まずは高い志を持つことが大切です。中小企業診断士とは、経営者的な視点を常に持ち続けるモチベーションが大切です。クライアントが気づいていなかったポイントを発見し、より負荷をかけずに効果を上げる改善案を提案できること、このセンスがあるかないかによって、その後の成り行きが変わります。厳しい世界ではありますが、実力のあるひとが報われる業界でもあるのです。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.