20代向けの中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職TOP >> 条件別の中小企業診断士の求人 >> 20代向けの中小企業診断士の求人

20代向けの中小企業診断士の求人

20代で中小企業診断士の資格を活用して転職活動を行うのであれば、対象となる求人案件にはさまざまなものがあります。中小企業診断士の資格をフルに活用して仕事をしたいのであれば、コンサルティング会社の求人案件から探してみるといいでしょう。コンサルティング会社にはスタッフ数が100人を超えるような大手の会社や、中小規模の事務所などがありますが、入社後の研修制度を重視して転職活動を行うのであれば、大手のコンサルティング会社の求人案件を中心に検討するようにしましょう。大規模な組織であれば、新しいスタッフのためにさまざまな研修プログラムを用意していますし、入社後のオリエンテーションも充実しています。ただし、中小規模の事務所であっても、独自のカリキュラムで社員教育を積極的に行っているところがありますので、気になる求人案件が見つかったら、問い合わせをしてみることをおすすめします。

また、行政機関への転職も20代に人気です。区役所や市役所などの公的機関では、地域の中小企業の業績アップのために、経営に関するアドバイスや業務の効率化についての提案などを、業務として行っています。そのため、中小企業診断士の資格を持っているスタッフであれば積極的に登用してもらえるというメリットがありますし、行政機関でのキャリアを積んでいくことによって、将来独立して個人事務所を開設するという道もあります。行政機関は相対的に信頼性が高いというブランド力がありますので、この資格を取得して公的機関で働いているひとの中には独立を行おうと計画しているひとが少なくありません。

ほかにも、金融機関への転職という方法もあります。金融機関では、中小企業からのリクエストに応じて融資を行いますが、その審査の段階で、中小企業診断士の資格が役立ちます。申請されている融資額はその企業の経営規模や現在の状況に即して検討して適切であるか、今後その企業の経営状態を良くしていくための具体的な提案事項はないか、などさまざまな事項について検討、提案することも大切な業務のひとつです。

このように、中小企業診断士の資格を取得している20代の転職事情においては、さまざまな業界の求人案件を検討できると言っていいでしょう。企業側としても新卒と同じように教育、育成していくことができる年代ですし、この資格を持っていることで将来の管理職候補として選抜されるポテンシャルも高まることが期待できます。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.