50代向けの中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職TOP >> 条件別の中小企業診断士の求人 >> 50代向けの中小企業診断士の求人

50代向けの中小企業診断士の求人

中小企業診断士の資格を取得している50代向けの求人案件には、経営コンサルタントというスペシャリストとしての採用と、企業のエグゼクティブとしての採用とがあります。前者の場合は、すでにほかのコンサルティング会社で経営コンサルタントとして働いていた実績があること、そして大規模案件を担当した実績があるなどキャリア面でアピールできる内容があると、なお好ましいとされています。50代となると採用する企業側でも高い専門性を求めることになりますので、採用をされればより良い待遇を期待することができます。

一方、50代で中小企業診断士の資格を持っている場合に人気の求人案件が、企業の管理職として転職をするというものです。この年代の転職となると、部長クラス以上の待遇で迎え入れられるケースが多く、まさにエグゼクティブクラスの求人案件が多くそろっています。求人案件を検討するにあたっては、大企業と中小企業のどちらを希望するのかによって、働き方に多少の違いがあります。

大企業の管理職の場合は、働いているスタッフの人数が多いこともあり、自分の管轄している部門の健全な運用、業務工程における無駄な要素の排除などが主な仕事となります。ところが、中小企業の管理職においては、自分の担当している部署だけに限らず、企業の今後進むべき方向性の検討や、新規事業の立案など、より会社の経営にシフトしたパフォーマンスが求められるケースが少なくありません。より経営者目線で仕事を進めたいと思っているのであれば、中小企業の管理職の求人案件を中心に検討してみてはいかがでしょうか。

一般的に、50代で転職活動を行うことについてあまり好意的にとらえない向きや、消極的に考えてしまうひとがいます。場合によっては、50代での転職活動は厳しいのでそもそも考えないというひともいます。しかしながら、中小企業診断士の資格を持っていることによって、経営的センスやノウハウ、マネジメントスキルなどの素養が備わっていることの証になりますので、なんの資格も持っていない場合に比べて、とても有利に転職活動を進めることができます。加えて、コンサルティング会社で経営コンサルタントを行っていた実績や、一般企業で役職について仕事をしていたというキャリがあれば、より好待遇での転職を期待することもできるでしょう。50代だからこそ、自分のさらなるポテンシャルを信じてキャリアアップ、スキルアップを目指していく心意気は素晴らしいものです。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.