公務員採用の中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職TOP >> 条件別の中小企業診断士の求人 >> 公務員採用の中小企業診断士の求人

公務員採用の中小企業診断士の求人

公務員採用においても、中小企業診断士の資格を持っていることで有利に進めることのできる、求人案件があります。公務員の仕事においては、地域振興のためのさまざまな施策を行いますが、その過程で数多くの中小企業の経営者とコミュニケーションを進めていきます。管轄のエリアで勢いのある産業はどういったものがあるのか、今後強化していく必要のある企業にはどのようなものがあるのか、などについて把握しておく必要がありますので、中小企業診断士の資格が大いに役に立ちます。

中小企業診断士の資格を持っていることで、中小企業の経営に関してのナレッジやさまざまな課題を解決するためのノウハウ、財務諸表の評価の仕方など、ミクロなところからマクロなところまで、幅広く取り扱えるようになります。地方の中小企業のなかには、スタッフの人数が十分ではないなどの理由で、健全な経営を行おうと思ってもなかなか難しいというところが少なくありません。そこで、これらの企業と密にコミュニケーションをとっている公務員担当者が的確なアドバイスや提案を行うことができるということが、とても大切なのです。

そのため、公務員の求人案件において、中小企業診断士資格を取得していることによって評価が高くなるという傾向が生まれます。あまり知られていないことかもしれませんが、民間のコンサルティング会社が中小企業の経営コンサルティングを行う案件の多くが、こういった行政機関からのオーダーによるものになっているのは、行政機関側ですべてをハンドリングすることが厳しいという状況があるからです。つまり、中小企業診断士の資格を持っている公務員を増やしたいという行政機関側の事情もあるのです。

なお、中小企業診断士の資格試験は毎年8月から12月にかけて開催されます。大きく分けて、マークシート形式の第1次試験、そして筆記形式、口述形式の第2次試験となっています。長丁場の試験期間となりますので、まずは忍耐力や我慢強さが必要とされますね。試験を無事にパスしてもそれで終わりではなく、その後には実務補習や実務従事と呼ばれるプロセスが続きます。実際の企業を訪問しながら、その企業の経営面における改善ポイントの洗い出しや、業務改善のための提案書を作成するのが、最後の課題となります。

このように、実践的でニーズの高い国家資格として、中小企業診断士資格は評価を得ています。取得するのが難しい反面、取得できれば強力なツールともなりますので、公務員採用を目指すのであればぜひチャレンジしてみてください。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.