コンサルティング会社中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職TOP >> 条件別の中小企業診断士の求人 >> コンサルティング会社中小企業診断士の求人

コンサルティング会社中小企業診断士の求人

中小企業診断士の資格を取得したひとが検討する求人案件のうち、代表的なものがコンサルティング会社によるものです。ただし、一言でコンサルティング会社と言っても、個人経営のコンサルティング事務所から中小規模の事務所、大手のコンサルティング会社まで、組織の規模にはさまざまな種類があります。それぞれの規模に応じて求められるスキルが異なりますので、転職活動を行うにあたっては、自分のスキルや実績を客観的に分析するとともに、それに見合ったフィールドを検討することをおすすめします。

中小規模のコンサルティング会社において、中小企業診断士に求められる業務は多岐にわたります。経理的、財務的な業務から人事的、システム的な業務、そして経営に関する業務まで、その事務所を運営するにあたって必要とされるすべての面において、中小企業診断士が関与をすることが期待されます。というのも、個人経営の事務所を含めて、この規模のコンサルティング事務所においては、組織としての成り立ちがいまだ完成に至っていないところや、組織ネットワークが脆弱であることが多いためで、中小企業診断士の資格を活用してより強固な組織の確率を目指すことが課題とされます。まさに、八面六臂の活躍が期待されるのです。

一方、大企業のコンサルティング会社の場合はどうでしょう。中小規模の事務所とは対照的に、大企業はすでに運用システムや組織ネットワークはきちんと確率されています。中小企業診断士の活躍すべきフィールドは、全般的なモニタリングというだけにとどまらず、経理部門のより細かな部分、財務管理、基幹システムのバグやトラブルの解消、改善、といった具合に、ピンポイントでありながらより内容の深いところへの貢献が求められます。つまり、いまあるシステムをより効率化していくこと、より改善していくことが、大企業で働く中小企業診断士の行うべきこととされています。

このように、コンサルティング会社の規模によって、求められる要件は大きく異なります。広範囲な知識を活用して、これからの組織をより活性化させていくことに魅力を感じるか、あるいは、特定分野のスペシャリストとして複雑な課題に挑戦していきたいかによって、おのずと転職活動の方向性が決まっていくでしょう。いずれにしても、組織の成り立ちをブラッシュアップさせる責任のあるポジションとして、中小企業診断士の資格は今後ますます必要とされていくでしょう。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.