海外に携わる中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職TOP >> 条件別の中小企業診断士の求人 >> 海外に携わる中小企業診断士の求人

海外に携わる中小企業診断士の求人

中小企業診断士の資格を持っていると、海外での業務に携わる機会に恵まれます。具体的には、海外進出を計画している企業をサポートするという業務です。日本政府では、ODAを活用して日本国内のすぐれた中小企業が海外展開を行うことを積極的に支援しています。その流れにあって、中小企業診断士の活躍するフィールドとして、各企業の海外展開の可能性について分析し、現実的かつ効率的な施策を提案するという働き方が注目されています。ほかにも、外務省が委託する形で進行している、海外マーケットにおけるニーズの調査やビジネス連携促進調査など、海外企業とのマッチングも含めて中小企業診断士がワールドワイドに活躍する機会が増えています。

こういった海外案件を積極的に展開している求人案件としては、代表的なものにコンサルティング会社があげられます。東京や大阪、名古屋などの大都市圏においては、大手のコンサルティング会社にとどまらず、中小規模の会社でも海外案件が舞い込むことが多くなっています。採用の条件としては、英語をはじめとした外国語のスキルが必須となっているところがほとんどですので、中小企業診断士として海外展開を考えているひとは、語学勉強も積極的に行っておきましょう。最近では、中国語やヒンズー語など、アジア圏の言葉を操ることのできる人材にも引き合いが多く寄せられるようになってきました。

日本のマーケットが今後これ以上拡大することについての懸念が取り上げられるようになった昨今、海外のマーケットに活路を見出す中小企業はますます増加していきます。それは大都市圏に限定されることなく、世界に通用する高い技術力や製品力を持った中小企業は地方にも多数存在しており、海外に進出できる高いポテンシャルを秘めています。そういう流れのなかにあって、中小企業診断士のスキルを活用してこれら企業をバックアップしていくことに対するニーズは、今後高まっていくでしょう。

そういう新しいフロンティアへと挑戦していきたいと考えている志の高いひとでしたら、いまからでもその準備を行っておくべきです。中小企業診断士の資格試験の勉強をするだけでなく、外国語スキルの向上を行うとともに、ほかのひとと協力してプロジェクトを進めるための、高いコミュニケーションスキルを培うということも忘れてはいけません。国際的なフィールドで働くということは、多くのひとと力を合わせて物事を進めていく能力が必要になる、ということです。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.