業務未経験okの中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職TOP >> 条件別の中小企業診断士の求人 >> 業務未経験okの中小企業診断士の求人

業務未経験okの中小企業診断士の求人

業界未経験okという中小企業診断士の求人案件には、いくつかのグループがあります。代表的なものが、20代から30代前半までのジェネレーションをターゲットにした、第二新卒採用やポテンシャル採用の求人案件です。これらの世代では、大卒の新入社員とあまり年齢が変わらないため、企業としても同じように社員教育を行いやすいというメリットがあります。特に、ポテンシャル採用を積極的に行っている企業の場合、入社の時点で中小企業診断士の資格を取得していなくても特に問題とはされません。というのも、この資格はある職種を占有するものではなく、あらゆる業務においてより総合的、包括的な視点から客観的な分析を行うためのスキルを保証するものであるためです。

コンサルティング会社においては、中小企業診断士の資格やファイナンシャルプランナーの資格を取得したうえで、転職活動を行っているひとが一般的ですが、上記のようにポテンシャル採用を行っているところもあります。同じく20代から30代前半がメインターゲットとなっており、入社の時点で資格を取得していなくても、資格を取るための研修をカリキュラムに組み込んでいるところがあるなど、会社としてバックアップをしてくれることもあります。

30代後半以上で業界未経験okとなると、大手のコンサルティング会社に限定されるようになります。スタッフが100人を超えるような大規模な組織においては、転職組のための社内研修などの教育制度が導入されていることが多いため、コンサルタントとして働くためのオリエンテーリングを受けることができます。こういった機会を有効に活用することで、1日でも早く現場に出ることができるように努力をするようにしましょう。

あるいは、個人経営の事務所などでも、30代後半の転職組を受け入れているケースがあります。もちろん経営者の方針次第というところはありますが、多分野における社会人経験の豊富な40代以降のスタッフを採用することで、さまざまな業界の企業に対してコンサルティング業務を提供することができるようになりますし、それだけ各業界に精通したスタッフを抱えることができるというメリットがありますので、企業にとってもメリットのある採用方針です。

このように、中小企業診断士として転職活動を行うにあたっては、資格の有無ということよりも、どういった業界でどのような実績を積み上げてきているのか、あるいは、中小企業診断士として働くことについての意気込みがどの程度なのかなどが、主な評価ポイントとなります。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.