管理職の中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職TOP >> 条件別の中小企業診断士の求人 >> 管理職の中小企業診断士の求人

管理職の中小企業診断士の求人

企業の管理職の求人案件には、中小企業診断士の資格が有利に働くものが少なくありません。というのも、中小企業診断士の資格を取得するためには、経済学や経済政策、財務会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、そして経営情報システムといった、マネジメントの立場にある人間であれば学習しておくことの必要な内容を横断的に勉強しなければならないからです。毎年1回実施される中小企業診断士資格の国家試験においても、これらの科目は必須項目として受験をしなければなりません。つまり、企業で管理職をするにあたっては、この資格に求められる知識やノウハウがあることは、とても有利に働くということです。

この資格を取得しておくことで管理職として転職活動をスムーズに進行できる求人案件としては、中小企業が一般的です。中小企業診断士の試験科目のなかには、上記のもののほかに、中小企業経営・政策という科目が含まれていますので、中小企業で管理者として仕事をするのにぴったりの資格ともなっています。それでは、大企業の管理職には向いていない資格かというと、もちろんそんなことはありません。大企業の管理職は、各セグメントや部署の運営や業務効率改善などに責任を負っていますが、そこで求められるパフォーマンスとしては中小企業の経営者に通じるところが多く、やはり役に立つ資格であることに変わりはありません。

このように、中小企業診断士は企業の規模に関係なく、管理職として仕事をしようとするのであれば、有利に使うことのできる資格です。その分、取得をするにあたってはハードルが高いことでも知られていて、合格率もほかの国家試験と比べて比較的低めとなっています。毎年1回しか開催されませんし、8月に行われるマークシート形式の第1次試験をクリアすると、10月の筆記試験、12月の口述試験という第2次試験に進みます。12月の試験を無事にパスしてもそれで終了とはならず、そのあとに定められた期間、実際の企業に訪問して企業の経営分析や業務効率改善に関する提案を行わなければなりません。そのため、中小企業診断士の試験に合格するためには、試験期間だけでも長期間にわたることを覚悟しておきましょう。

試験対策のためには、社会人向けの資格学校に通うのもいいですし、通信教育式のサービスを利用する方法もあります。いずれの場合でも、受験者本人の強い意志があってのものですので、目標を高く設定して、努力を怠らないことが大切です。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.