激務でない中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職TOP >> 条件別の中小企業診断士の求人 >> 激務でない中小企業診断士の求人

激務でない中小企業診断士の求人

中小企業診断士の転職先にはさまざまなところがあります。というのも、中小企業診断士は職種ではなく、国家資格のことですので、あらゆる業態でこの資格の取得者を推奨することができるからです。そのため、この資格を持っているひとの転職先には、専門的な業務を行うコンサルティング会社を筆頭に、大企業の事業企画部や事業戦略部、営業部、財務部、総務部、個人経営のコンサルティング事務所などが多くなりますが、それだけでなく、人事部や一般事務、公務員など、実にさまざまなフィールドも含まれています。つまり、資格を取得することで転職先が限定されるのではなく、自分のやる気や希望によって、転職先を選択することができるということです。

転職をするにあたってのプライオリティーは、ひとそれぞれに異なります。これまでの職場で毎日残業続き、週末や祝日も休むことができずにいたようなひとであれば、転職を機に激務ではないことにプライオリティーを置くことが少なくないかもしれません。QOL(クオリティ・オブ・ライフ)やワークライフバランスなどの用語が注目されるようになった昨今、激務ではないことを仕事を探す条件としているひとが増えています。

中小企業診断士の求人案件において、激務ではないフィールドとしては、主に大企業の各部門や公務員などの求人案件では、カレンダー通りの勤務スケジュールになっているのが一般的で、お盆休みや年末年始休暇、有給休暇がきちんと整備されていることで、比較的都合に合わせて休みをとりやすい環境になっています。あるいは、コンサルティング会社でも主に公的機関、行政機関をメインクライアントとして業務を行っている場合などは、クライアントと同じようなスケジュールで運営を行っていることもあります。

中小企業診断士のメリットは、資格によって転職先が限定されることがほとんどないということです。つまり、自分の希望ややる気などによって、転職する業界を選ぶことがそれほど難しくはありません。さらに、資格を取得していることによって、入社後によりマネジメントサイドに近い業務も担当させてもらえる可能性があります。すべては自分の意志と努力次第と言っていいでしょう。

資格を取得することによって引き合いが多くなるだけでなく、自分が仕事に求めるバランスに合わせて、転職先をチョイスすることもできるのが、中小企業診断士という資格の特徴でもあります。取得するためには相当頑張る必要はありますが、得られるメリットはとても大きなものです。

中小企業診断士の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 中小企業診断士に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.